ブログ

敬語を使う利点

クリニックのコンシェルジュを育成するために、全国を訪問中のクリニカルコンシェルジュ養成コンサルタントの古川裕美と申します。

今日は、敬語のお話しです。
皆さんのクリニックでは敬語を使用していますか?

クリニックでどのような言葉遣いをするかは、地域性や来院する患者さんにもより、院長先生の方針にもよるので、必ずしも敬語を使わないといけないとは言えませんが、当会では敬語を使うことを推奨しています。
その理由を、今日は一部ご紹介します。

敬語は、「相手へ敬意を表す言葉」のことで、使うことで「相手を大事に思っている=相手を認めている」という気持ちを伝えることが出来ます。

つまり、「敬語を使うことで患者さんを大事にしていることを伝えることができる」のです。

敬語が使えるようになると…

・初対面で良い印象を持ってもらえる
・自信を持って会話ができるようになる
・周囲からの信頼度が上がる

といった利点があり、
逆に敬語が使えないと…

・社会人として常識がないと思われる
・相手を大切に思う気持ちが伝わらず誤解やトラブルを招きやすい
・間違った敬語は、相手に不信感を与えてしまう

このような印象を持たれてしまうことがあります。

もし、言葉遣いを見直す機会があれば、是非敬語を使用してください。
最初は、慣れるまで大変かもしれませんが、実際に取り組みを始めた医院様から、
「患者さんから雰囲気いがよくなった」とお褒めの言葉をいただいたそうです。

選ばれるクリニックになるためにも、患者さんにどうしたら喜んでいただけるかを考えて日々実践していきましょう。

7月25日(木)東京都内で、
クリニカルコンシェルジュ養成講座 ベーシックコースを、今年も開催します。

コンシェルジュとしてのスキルだけでなく、考え方や行動まで学ぶことが出来る講座です。
クリニックにおけるおもてなしを学びたい方は、是非ご参加ください。
詳細、お申込みはこちらから。
https://clinical-concierge.jp/seminar/

皆さんと一緒に学べることを楽しみにしております!

LINE@

患者満足度を上げるためのヒントや、接遇力を上げるために心掛けることなどを、毎週月曜日に配信致します。

おもてなし規格認証