ブログ

情熱大陸を視て再確認した普遍の真理

「クリニックに、おもてなしを。」を理念に掲げるクリニカルコンシェルジュ協会の代表理事を務めます、根本和馬です。

先日の『情熱大陸』の出演者は、とんねるずの石橋貴明さんでした。

実は私は思いっきり「とんねるず世代」で、幼き頃に「仮面ノリダー」のノリダーとラッコ男のキーホルダーがどうしても欲しくて、フジテレビにハガキを送ったことがあります(笑)

さて、そんな石橋さんが情熱大陸の中で

「今は『働き方改革』って言われてるけど、

お寿司屋さんでも早くお店を出したいと思えば、
ADでも早く自分の番組を持ちたいと思えば、

人より努力するしかないですよね」

と言っていて「その通り!」と膝を打ちました。

「いやいや、芸能の世界は楽しそうだし、そういう気持ちにもなるでしょ」

と思うかも知れませんが、どんな仕事も真剣に向き合い、あらゆる失敗を繰り返していく中で、成果が出て次第に仕事が楽しくなったり、好きになるのです。

今は「好きなことだけやろう!」みたいな風潮がありますが、そう言っている著名人の多くが、元々才能や環境に恵まれただけでなく過去に誰よりも努力してきた積み重ねがあるのです。

「仕事が楽しくない」ではなく「仕事を楽しむには努力し続けるしかない」ということです。

時代が変わっても、それは普遍の真理です。

人が寝ている時、遊んでいる時、楽をしている時に努力し続ける人に、多くの選択肢があるのです。

そんな私も、努力し続けているかと言われれば、そんなことはありません(笑)

スマホ、タブレット、ネット、誘惑はたくさんあり、見事に負けることもあります。

だからこそ、石橋さんのように努力し続けている人のメッセージを受け「ちゃんと頑張らないとな!」と、気持ちを新たにするのです。

気が付けば今年も1ケ月終わりました。でもあと11ケ月残っています。一緒に頑張りましょう!

LINE@

患者満足度を上げるためのヒントや、接遇力を上げるために心掛けることなどを、毎週月曜日に配信致します。

おもてなし規格認証