ブログ

なぜその一言がステキなのか?

「クリニックに、おもてなしを。」を理念に掲げるクリニカルコンシェルジュ協会の代表理事を務めます、根本和馬です。

前回「早速『焼肉の和民』に行ってきました」とお伝えしましたが、今回はそのつづきです。

前回のブログの最後に

「お会計の後に『お口に合いましたか?』と店員さんが聞いてくれましたが、その一言がステキでした」

とお伝えしました。

なぜこの一言がステキなのかと言いますと、あなた様が同じ質問をされている場面をご想像下さい。

余程、そのお店に不満が無ければ、

「美味しかったです」

と答えるのではないでしょうか?

そして「美味しかったです」という言葉を一番近くの耳で聞いているのは、他ならぬあなた様ご自身の耳なのです。

つまり「美味しかったと言った→美味しかったという言葉が自分の耳に入った→美味しかったという感情が強化される」というメカニズムです。

ここまで考えてこの店員さんが「お口に合いましたか?」と尋ねて下さったか分かりませんが、どちらにしても良い一言です。

焼肉屋さんからも、色々と学べることがありますね!

【おもてなし力を上げるためのチャンネル!】

クリニカルコンシェルジュ協会の姉妹ブランド、医経統合実践会では、毎週火・金曜日にクリニック経営活性化のためのお役立ち動画を公開しています!

「電話応対の仕方」「マスクでも笑顔に見える方法」などあなた様のおもてなし力を上げるヒント満載のチャンネルですのでぜひチャンネルのご登録をお願い致します!

『医経統合実践会 公式チャンネル』のご登録はこちらです!

LINE@

患者満足度を上げるためのヒントや、接遇力を上げるために心掛けることなどを、毎週月曜日に配信致します。

おもてなし規格認証