ブログ

”尊敬の念”があなたの応対を向上させます!

世界に名だたる一流企業なのに。。。
たった一人のスタッフの勘違いが
周りにも影響を及ぼします。

おはようございます!
春分の日、全国的に寒い朝を迎えていますね。
クリニックのコンシェルジュを育成する
クリニカルコンシェルジュ協会の田中裕子です。

先日、某有名ショップへ買い物へ出かけました。
スタイリッシュな店内。
入り口にはお客様を迎えるスタッフが立ち
広い店内のいたるところに、均等にスタッフが配置され
すぐに訪れた顧客に対応できる配慮がなされていました。
さすが一流企業のスタッフ、皆笑顔が素敵でキラキラとして見えました。


聞きたいことがあったので、すぐ近くのスタッフに声をかけ、
その笑顔とは裏腹な応対に一瞬にしてがっかり。。。

「私は英語もできて、こんな一流企業で働いているの。
あなたたちみたいな素人の素朴な疑問に答えている暇はないの」

と言わんばかりの態度。。。


こちらが聞きたいことを汲み取ろうともせずすぐに立ち去って行きました。


しばらくそのスタッフの行動を見ていたら、
どうやらそのお店の中では影響力がある様子。
いろんなスタッフがそのスタッフには逆らえないようでした。


がっかりして帰りたい気持ちになりましたが、
どうしてもその日に買い物を済ませてしまいたかったため
気を取り直して別のスタッフに声をかけました。


先ほどの出来事は夢、幻覚??

やはりさすが一流企業!
とても丁寧でわかりやすく、こちらの立場に寄り添った応対をしてくださいました。

さらに、

「大切なお買い物でしょうから、納得のいくまでお考えくださいね。」
「ご納得されたらどのスタッフでもすぐに対応いたしますので、
ゆっくりお考えくださって大丈夫ですよ。」

との声かけ。

これなら急かすこともなく、かつとてもスマートに時間のかかっている顧客から
ひとまず離れることが出来ますよね。


そして熟考の結論が出たため、混雑している店内をきょろきょろと見回していると


「何か、私にお手伝いできることはありませんか?」


と、笑顔で別のスタッフが声をかけてくださいました。


この後ももう一人別のスタッフとやり取りをすることがあったのですが、
さすがだな、と思う応対をしてくださり、買い物は無事に終了。
気持ちよくお店を後にすることができました。


この日の出来事を振り返り、
ふと、秘書になりたての頃、先輩から最初に指導された言葉を思い出しました。


「偉い方の秘書ではあるけれど、決して私たち秘書が偉いわけではないので、
その辺りを間違わないようにね(^^)」



正にこれだな、と思いました。


冒頭のスタッフは、

創業者が努力に努力を重ねここまで大きくしてきたこと、
創業者を尊敬する念を忘れてしまったのですね。


今後このスタッフの応対を真似するスタッフが出てきてしまうかもしれません。
早い段階でこのことに気づきますように。と願うばかりです。


医院先生に対する尊敬の念
患者さんの立場に寄り添う心遣い


について、今一度考えるきっかけとなれば幸いです。

今日も素敵な一日となりますように♡







LINE@

患者満足度を上げるためのヒントや、接遇力を上げるために心掛けることなどを、毎週月曜日に配信致します。

おもてなし規格認証